Be myself!

どこかのだれかの日記

明治緋色綺譚/明治メランコリア

 

明治緋色綺譚(13)<完> (BE LOVE KC)

明治緋色綺譚(13)<完> (BE LOVE KC)

 

 

明治メランコリア(11) (BE・LOVEコミックス)

明治メランコリア(11) (BE・LOVEコミックス)

 

 

春時兄様ァァァ……

以前にも書いたけど、私の好きな世界観はあの何とも言えぬ独特の雰囲気がある明治、私の大好物は頭が良いはずなのに自己犠牲的で闇を背負わされたキャラ

春時兄様、大好きです!!

見た目も、黒髪サラスト、好みど真ん中で、本当にハマらない理由がない!というような人。

鈴子ちゃんのことがあれだけ大事に想っているのに「恋愛」という形では決して報われることのない春時兄様…。鈴子ちゃんを想いながら見せる切ない表情が堪らなく心に刺さる……

 

メランコリア最終巻、巻末。作者様が「春時は一生鈴が一番だと思う」「(手瑠璃子ちゃんは)友愛程度」と書かれていて、正直、嬉しさ半分、寂しさ半分。春時兄様の行動原理は昔から全部鈴子ちゃんだから、たぶんそれは一生変わらないんだと思う。でも、春時兄様には普通の幸せを知ってほしいって気持ちもあって。春時兄様の幸せは別のところにあるって言われても、それはそれでしかなくて。一番に想えば一番を返してくれる、そんな普通の幸せ。恋愛だけじゃなく、親からの愛さえ、知ることのなかった彼の人生だったから。心から幸せになってほしい。

8巻。「河内さんと河内姉妹のお騒がせは嫌いじゃないんだ」って春時に対して、手瑠璃子ちゃんは「あららお兄様と手茉莉と一緒ですか」って思ってて、これって手瑠璃子ちゃんにとって、春時兄様が特別な存在になり得るってことだよね。なにか、きっかけがあれば分からないかも。でも、もし、万が一、そういう未来になっても、春時兄様から手瑠璃子ちゃんに全く同じ気持ちを返すことは難しいかなあ。

 

9巻。雨の中、助けにきた春時と鈴子ちゃんがキスするシーン。そして、木の陰にいる津軽

記憶をなくしてるとは言え、最愛の人にキスした後に、あんな顔するなんてもう……あああああ

しかも、鈴子ちゃんが話をしにきたら、まさか薬で眠らせて、また全部一人で決断しちゃうやんて……。バカみたいだけど、でもそういう生き方しかできないんだよね、うぅ……

 

津軽がね、「もとから私たちにそんな差はなかったよ 君が『兄』なら私だって『となりの大人なお兄さん』だ ひっかかりがあったとすれば自身の心だろう」って言うけど、鈴子ちゃんにとっては、大きな差、あったと思うよ。津軽への想いは特別だったと思う。でも、自覚のなかった津軽はともかく、春時はどうだったろう。津軽の言う通り、春時の心はずっと彷徨ってる。

 

ひなと春時、津軽と鈴子の対峙シーン。ひなを殺すか、津軽を殺すか、鈴子を殺すか。春時の選択が春時らしくて、予想できすぎて、苦しい。ここでの春時の言葉が、春時の心のすべて。痛々しいくらい鈴子だけを想ってる。

「しょうがないなぁ春時兄様は」

鈴子ちゃん……;;この兄妹はどうしてこうなんだろう;;

7巻番外編。ほんと泣きたくなるのは、せっかく手に入れた幸福を自ら遠ざけて、兵役なんて嘘をついて3年も一人で神戸に行ってたこと。バカなの!?って言いたくなるけど、こういう選択をしてしまうから春時兄様は春時兄様なのです……

「変わりたい」かあ。私の中で一時期よく考えてたことで、「変わりたい」って強く思った時点でもう変わり始めてるんじゃないかなあ、と。それ以前の自分には「変わりたい」って思いはなかったわけだから「変わりたい」って強く思った時点で、ほんのちょっとだけ変わってるんだと思う。そこから行動するのが、エネルギーのいることだけど。

 

10巻。

「私はーー兄様が大好きです」あああああああああ

「うん…鈴子 俺も大好きだ」うああああああ

 春時兄様が、笑って、「大好きだ」って言うんだけど、その表情に胸がぎゅうううって締め付けられる。

藤島のところへ向かうよう背中を押してあげて、鈴子に「お行き」っていうの、本当に切なくて、苦しくて、温かくて、ここの兄妹のやりとりは大好きなシーンです。

 

 

ミリシタ#29

f:id:lpslzl10:20171017155709p:plain

ひええ…

寝ぼけ眼でメダルガシャ回したらなんかきた……

恋とか、キスとか、カラダとか。

 

恋とか、キスとか、カラダとか。 4 (フラワーコミックス)

恋とか、キスとか、カラダとか。 4 (フラワーコミックス)

 

 

えー!?めーっちゃ好みのお話だったのに、後半が雑というかなぜ番外編みたいなのか…。なんか残念、物足りない感。

元カノとか幼馴染とか両親とか将来のこととか少女漫画あるあるの恋の障害みたいなのは、悪意が混ざらない優しい世界で解決されてくから、すごく好きだった。タイトル通り、恋とかキスとか、カラダとか、付き合った後の2人がメインのお話って幸せでいいね。真騎くん格好いい。

男の子が女の子のために我慢させられるの結構好きだけど、真騎くんはある意味ぶっ飛んでるというか自分から結婚までしないとか言っちゃって笑った。それだけ沙々のことが好きなんだよね。

それぞれ全く別のバックグラウンドがあって、相手のそれをちゃんと理解してて、未来の、2人の夢に繋がっていくの、すごくいいなあと思いました。

 

はぴまり〜Happy Marriage!?〜

 

はぴまり Happy Marriage!? コミック 全10巻完結セット (フラワーコミックスアルファ)
 

 

読んだー!!

起承転結の起と結がしっかりしてて良かった。千和は、おばあちゃんの好きだった庭を守るためってところから物語が始まって、最後、その守りたかった庭を二人で見てるっていうのとても良い。北斗も、20年前の真実が知りたいからって目的から始まったけど、きっちりケジメつけて、家に囚われなくなるっていう。

こういうちゃんと話がまとまってる作品って私の中でポイント高い。仕方のないことなんだろうけど、売れたら売れただけ、後付けで物語が広がりすぎちゃうの多いから。

最初はとても堅物だった北斗が、いつのまにか千和にデレデレになってて可愛かった。でも、ベッドシーンは結構えろくて格好よかった。

次から次へと2人に障害が降りかかるんだけど、その度に登場する脇キャラが上手く動かされてたなという印象。

北斗のお父さんの件は悲しかったな。最後は、話し合って、分かり合えるもんだとばかり思ってたから。まさかあんな形でなんて。親子の件も。まさかだった。北斗への愛情が溢れてただけに切なかった。

 

桃色ヘヴン!

 

 

感想いっきまーす!

設定からしてえろいのかなと思ったけど、普通に少女漫画で読みやすかった。官能小説の描写は確かにぶっ飛んたけど、ギャグ風味だったりして面白かった。

高校卒業で一段落するのかと思いきや、まさかの大学、その後までってので、ちょっと引き伸ばし感が残念。とにかく莉緒が恵まれなかったよね。一応、籐摩くんとフラグがたったのかな?

あと時間の流れが唐突すぎたのも気になったかなー。後半は官能小説の描写も減ってたね。

康太と樹里亜は、個人的に一押しだったんで、13巻で思いっきり長編が載ってて嬉しかった。この組み合わせ大好き。途中のカメラマンの先輩はびっくりしたけど。

 

13巻の読み切り「スナップ・ビーズ」

これ私の中で衝撃的だった。

何がって、題材がそろばんって!!私自身がそろばんやってて、結構段まで取ってたりするんだけど、そろばんを題材にした作品ってそんなにないんだよね。私も、この花井くんまでではないけど、簡単なお釣り計算は暗算だし、乗算も3桁までなら暗算できるし、ナンバープレート見て計算したくなるのめっちゃ分かるし、見取り算も完全に暗算派だから、こういうヒロインの相手役キャラに、そろばんっていうスペックが与えられてて興奮してしまった。

リアルで好きになるかっていうと花井くんはナシだけど。あれだけ差を見せられるとどうしても悔しいって気持ちが大きくなっちゃう(何の話)