Be myself!

どこかのだれかの日記

MAJOR 2nd

 

MAJORの続編。もう連載だと中学編までいってるんだね。

MAJORはアニメの高校編くらいまではちゃんと見てて、結構好きだった。その後は飛び飛びな記憶。弟が原作全巻揃えてたわりに最後までは読んだ記憶がないんだよな。そんな感じだけど2ndを手に取ってみた。

 

前作と違って、主人公・大吾は父・吾郎のように野球の才能に恵まれている訳じゃないのが魅力。大吾を「二世」として見る周囲の目や、理想とのギャップに苦しんじゃう。

そんな時、寿くんの息子・光が転校生してくるんだけど、この光が帰国子女なのもあって本当にぶっ飛んででいいキャラしてる。野球をするの初めてなのに自信に満ちてて、それも嫌味がある訳じゃなく純粋。でもその自信を裏付けるように、ほんの少し野球に触れただけで野球勘みたいなのを掴むし、それからみんなが驚くくらい肩が良い。大吾とは対照的で、才能に恵まれた「二世」。

前作の吾郎と寿也とは似ているようで全く違うバッテリー。ピッチャーが光、キャッチャーが大吾。

小学編から二人の関係や野球への想い、成長していく初心者バッテリーが丁寧に描かれてる。前作でもそうだったけどMAJORは試合の内容がしっかりしているのが凄い。打席の内容とかバッテリーの思惑とかバッターの狙いまで細かく練られててとても面白い。

あと今作の印象として女子選手がよく出てくる。大吾の姉ちゃん、眉村の娘ちゃん、そして中学編を見た感じは特に。女性読者としてはここら辺も今後楽しみだったりする。

MAJORは主人公バッテリーが必ずしも仲間じゃなくてむしろライバルチームだったりするから、いい意味で主人公二人の関係が複雑になってくんだよね。もどかしくもあるんだけど、だからこそチームメイトになった時はテンションが上がる。

 

それから気になったところ。

「いや……ドルフィンズは、昔は硬式のリトルだったけど…今は軟式だし………硬式のリトルでやるなら、横浜まで出ないとこの辺にはねーよ。」(1巻)

途中であれ?って思うところがあって読み返したら、1巻でちゃんと設定変更されてました。