Be myself!

どこかのだれかの日記

L♥DK

 

別冊フレンド 2017年9月号[2017年8月12日発売] [雑誌]

別冊フレンド 2017年9月号[2017年8月12日発売] [雑誌]

  • 作者: 渡辺あゆ,春木さき,マキノ,ひぐちにちほ,南波あつこ,三次マキ,いちのへ瑠美,相川ヒロ,餡蜜,ぢゅん子,町野いろは,三月ソラ,柚月純,彩那はな,黒野カンナ,はつはる,さとる,恩田ゆじ,蒼井まもる,真田ちか,和泉みお,あかり,見崎なつみ,霧花じゃこ,鈴峰あおい,岡野セキ,柚井ふうこ,大川なぎ,紅雨ぐみ,ひな,大野仁美,五十嵐,七海のじ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/08/12
  • メディア: Kindle
  • この商品を含むブログを見る
 

完結したと聞いて、読みかけてたとこから最終話まで読んだ!!

 

柊聖のした選択が、昔、草樹がした選択と重なってるのとても好き。

大切な人を守るために、

未来のために、

早く自立したくて、

いろんな想いがあっての選択だけど、相手には簡単に伝わらない。

それで、柊聖と草樹は心に距離ができちゃったんだよね。

 

こういう作品はどうしても後付けで話が広がっていくけど、

柊聖と葵の恋愛って「恋」で終わりじゃなくて、

割と早い段階からその先にまで焦点を当たってて、

未来の「家族」に繋がってく構成よかったなあ。

二人の生い立ちの対比がとても印象的だった。

 

アメリカに行く決意のやりとりだけほんの少し心残り。

玲苑の夢みたいにもうちょっと具体的な理由で柊聖も描いてほしかったかな〜

まあそこが曖昧だったからこその結末なんだろうけど。

 

個人的に、亘くんと絵里さんが好きです。

この2人の後日談見たいな〜〜

 

※追記メモ

亘くんと絵里さんは14巻