Be myself!

どこかのだれかの日記

最終戦

虎テレ無料なの知らなくて途中までラジオとスポナビで状況を見てた…

 

私が阪神ファンになったのがよくあるやつで、2003年と2005年の優勝したシーズン。

だから、あの頃のV戦士の引退はとても寂しい。

安藤投手は去年引退した福原投手と同様虎一筋で、先発やって中継ぎもやって、晩年までチームに大貢献してたってのが格好いいよね。

去年まで4年連続50登板以上ってめちゃくちゃ凄いことやってるのに、その1年後には引退ってほんと分からないなあと思う。

 

今年の5月のあの広島戦の中継を見て、久々に茶の間阪神ファンに復帰したような人間だから、正直、新井良太選手の全盛期はあまり知らないないんだけど、ネット見てるとよく名前を見かけて、とても愛されてる選手だなあという印象だった。

今日、最後の挨拶で鳥谷選手に揺すられてるの見てジーンときた。鳥谷選手ってあんまりああいうことしないイメージだから。鳥谷選手2000本安打の時のニュースで読んだけど、とても親しかったみたいだし残念だ。豪快なフルスイングからのバット投げをリアルタイムで見ていたかった。

 

あと同じく今年引退の狩野選手は、私がまだ試合見てた頃から出てた選手だから知ってるけど、この辺の30台半ばの選手が引退していくのってとても悲しい。漠然と野球選手って40歳くらいまでやってるイメージだったんだけど、それってほんの一握りの一流選手だから出来ることなんだって今更気付いた。

今年、若手の不調っていうチャンスを逃さなかった中堅トリオの俊介選手、大和選手、上本選手。この辺ってファンが思う以上に崖っぷちで戦ってたのかもなと。あとは怪我ばっかしてるけどどうにか西岡選手に復活してほしい。サヨナラ守備妨害はいらないけど。

 

今日、先制タイムリーと1HRと40歳とは思えないダイビングキャッチしてる福留選手、中継ぎ酷使中のシーズン最終登板で完投してしまう能見投手、一時はもうダメかと思ったら最終的に勝ちパターンレベルまで調子上げた藤川投手。

この選手のためにいつか甲子園で行われるだろうセレモニーが、一日でも先の未来にあってほしいと思ってしまった。

 

今日、安藤投手の後を高卒ルーキー才木投手が抑えたように、去年、福原投手の後を安藤投手、高卒ルーキー望月投手が抑えたように、若手に繋いでいく継投がとても印象的だった。こういうのは金本監督らしいのかな。

上が引退するってことは、ポジティブに考えれば下が出てきてるってことだもんね。そういう意味では良太選手の引退試合で、右打者の大山選手が走者一掃スリーベースと1HR打ってるのちょっと切ないね。

 

78勝61敗4分、貯金17

金本阪神2年目、とにかく楽しませてもらった。

CSも突っ走ってくれますように。

 

今季絶望とまで言われてたメッセンジャー投手の気合いは本当に頼もしい。7者連続三振て。無事、規定投球回にも到達して良かった。助っ人とかじゃなくて、大黒柱だよね。

メッセンジャーが離脱した直後の投手陣はひやひやしてた。エースって先発したその試合を作るのは当然だけど、イニング数投げて中継ぎの負担を減らすって意味で、結局一週間単位での投手陣全体を支える存在なんだなと。

来年は、藤浪投手もその役割を担えるようになってほしいよ。