Be myself!

どこかのだれかの日記

メイちゃんの執事

 

 

メイちゃんの執事DX 1 (マーガレットコミックス)
 

 

えっと、DXはまだ完結していないから、感想を上げるのはやめとこうと思っていたけど、やっぱりちょっとだけ。

 

結局、メイちゃんって剣人が好きなの?

 

前の記事でも書いたように、私は当て馬キャラを好きになる傾向があって思いっきり剣人派だから、都合のいいように読んでしまっているだけ?

無印で剣人がキスをしたときは、拒まなかったことをメイは悩んでいたけど、まだ幼かったから戸惑ってしまっただけで、理人が好きなんだろうと思ってた。

でも、DXで、下着姿を見られて剣人に怒ったり、剣人を好きなライバルが現れて腑抜けになったり、異性として意識しているように思ってしまう。恋愛的な意味では、剣人なんだろうか。

作品名が作品名だから、理人がそれでも「執事として」メイに仕えるという形を取れば、まあ丸く収まりそうではある。ただ、たぬきジジイが言ってたように、メイの執事とは言え、その恋人か弟となると、やっぱ関係は難しくなるよね。

逆のパターンも考えるけど、メイが恋人に理人を選んだ場合、理人の執事バッジは返却、剣人が執事として仕えることもできるのかな。イギリスの叔父さんの条件はメイの第一執事だっけ?それなら繰り上がりで剣人が第一執事とも言えそうだけど、それでいいのかって感じだ。