Be myself!

どこかのだれかの日記

きょうは会社休みます

 

 

結構前に途中まで読んでたんだけどこの機会に読み切った!

花笑さんが仕事や恋愛や結婚で悩んだり迷ったりする事ってリアルで、普通に起こりうることが多くて刺さるけど、逆に田之倉くんは良い子すぎてちょっと現実感ない。一回り上の女性をここまで寄り添って受け止めてくれる人っていないよね。 あの独特のペースを持ってる父親や過去の恋愛遍歴があってのことって分かるからいいけど。

いろんな少女漫画があって、基本的に王子様×冴えない女の子のファンタジーで、考えてみればこの作品だってそうなんだけど、花笑さんのリアルな部分と田之倉くんのファンタジーな部分が心地いい違和感(?)だった。