Be myself!

どこかのだれかの日記

花降楼シリーズ

定期的に浸りたくなるのが花降楼の世界。遊郭モノ大好物なんです。

商業BLで最初にハマったのがこの花降楼シリーズだったんじゃないかなあ。BLCDに手出したのもこの作品がきっかけだったような記憶。

 

花振楼シリーズはここから始まった……!

とは言いつつも、長く続いてから振り返ると、このお話はパイロット版だったような気がしないでもない(笑)綺蝶と蜻蛉も出てます。

 

愛で痴れる夜の純情 花降楼シリーズ第二弾 (花丸文庫)

愛で痴れる夜の純情 花降楼シリーズ第二弾 (花丸文庫)

 
華園を遠く離れて 花降楼シリーズ第五弾 (白泉社花丸文庫)

華園を遠く離れて 花降楼シリーズ第五弾 (白泉社花丸文庫)

 
愛しき爪の綾なす濡れごと 花降楼シリーズ第八弾 (白泉社花丸文庫)

愛しき爪の綾なす濡れごと 花降楼シリーズ第八弾 (白泉社花丸文庫)

 

一番好きなのは、やっぱり綺蝶と蜻蛉だなあ。「愛で痴れる夜の純情」「華園を遠く離れて」「愛しき爪の綾なす濡れごと」と時期によって変化してる二人の関係が丁寧に描かれているから、妄想が捗る。あ、「華園を遠く離れて」はシリーズ第五弾で、第一弾~第四弾のCPのその後が少しずつ描かれてます。

「愛しき爪の綾なす濡れごと」でね、綺蝶の心の内が知れるの、ほんと堪らないです。ただただ切なさがカンストしてる。仲違いしてからもずーーっと、影で蜻蛉を守り続けてる。遣り手が手を焼いてる蜻蛉を仕事へやる気にさせることだって、イコール蜻蛉が客と寝るということなのに、そう導く。自分の胸がどんなに痛んでも。

綺蝶と鷹村の会話がとても好き。いろんなことがバレてる鷹村に綺蝶は素直で、鷹村は厳しいけれど綺蝶と蜻蛉を見守っている。

蜻蛉のボイスが緑川さんなのも魅力。正直、緑川さんの声は、個人的に作品によって好き嫌いあるんだけど、蜻蛉の声は好き。

ぶっちゃけ、リバ大好き雑食人間なんで、攻めの綺蝶が東院とか客には当たり前に抱かれてたっていう前提条件が最高オブ最高。作品の中でそういう場面がはっきり描かれないのが勿体ないくらい。あーでも、どっかで東院と事後っぽいのはあったっけ?

この場合は相手が違っちゃうからリバとはちょっと違うけど、商業で正当なリバって本当にないよね。私はいつも不満です!珍しくリバーシブルってテーマの作品でさえ、えっちシーンは片方だけで、逆は事後だけ、みたいな。そもそも攻めのお尻はいじっちゃダメってルール、誰が決めたんだよ!!滅びろ!!!!

綺蝶は廓で一晩に何人もの相手を"後ろ"でしてたという過去があるわけで。しかも、廓を離れた綺蝶と蜻蛉の近くには、綺蝶の一番の上客だった東院がいるわけで、つまり、蜻蛉が知らない綺蝶をいっぱい知ってる人間が目の前にいるんですよ。いやあ、逆転する要素てんこ盛りじゃない…?東院に嫉妬する蜻蛉に抱かれてあげる綺蝶さん、絶対にいると思うんだよ!

死語と言われる「精神的リバ」みたいな表現、私も肉体的な関係に基づくべきだと常々思っているけど、敢えて言うと、このCPは肉体的にどっちが攻めでも、精神的には綺蝶×蜻蛉なんで。関係性は変わらないし、綺蝶が蜻蛉を可愛がって受け止めて抱きしめてあげるのが好みです。

 

夜の帳、儚き柔肌 花降楼シリーズ第三弾 (花丸文庫)

夜の帳、儚き柔肌 花降楼シリーズ第三弾 (花丸文庫)

 
婀娜めく華、手折られる罪 花降楼シリーズ第四弾 (白泉社花丸文庫)

婀娜めく華、手折られる罪 花降楼シリーズ第四弾 (白泉社花丸文庫)

 

「夜の帳、儚き柔肌」が忍、「婀娜めく華、手折られる罪」が椿のお話。この2人は同時期に花降楼にいた傾城。

どちらの話も私の中で印象的だったみたいで、見返さなくてもストーリーを結構覚えてた。そういえば花降楼シリーズでは忍が好きって感想、よく見る気がする。私は椿も結構すきだなあ。

この2人はそれぞれのお話もそうだけど、「花園を遠く離れて」で、身請けされた後が描かれているのが嬉しい。椿が御門と喧嘩して、忍がいる蘇武の家を訪ねていくんだけど、再会したシーンの2人がとても可愛いんです。

 

禿だった蜻蛉が付いていた傾城玉芙蓉のお話。時系列で言うと、これまでのお話の数年前。

シリーズの中で一番エロいイメージがあるんだけど、弁護士上杉が最中も敬語を使うのと、何より玉芙蓉のボイスが遊佐さんだったせいだと思う。年季が明ける直前で大人なのもあるかな。

シリーズの中で唯一(?)遣り手鷹村に相手がいることを匂わせたシーンがあって、シリーズファンとしては見逃せないポイント。鷹村編、いつまでも、待ってます。相手は楼主様だよね?ね?もし、鷹村が元色子なら、どんな気持ちで今の色子たちの世話をしてるのか、ほんとに鷹村視点のお話が読みたい。

 

楼主の腹違いの弟氷瑞と撫菜のお話。個人的には、ちょっと印象が薄かったのなあ。でも見返してると、あっそうだそうだ、ってなる。

BLCDに手を出したとき、声優さんに全く詳しくなかったから気にしてなかったんだけど、これ中村さん×福山さんだったのね。どおりでいい声なわけだ。

 

「臈たし甘き蜜の形代」が蜻蛉に似ている椛、「恋煩う夜降ちの手遊び」が藤野のお話。椛の水揚げが藤野の年季が明ける一年前とかなので、年齢で言うと2人は10くらい離れてるけど、椛が小さい頃から藤野付きの禿だったり、藤野が想い人に椛の水揚げを頼んだりと、ちらほらお話に絡んでくる。

椛の相手は、蜻蛉の身請け話までまとまっていたのに振られた岩崎様。まだ禿の椛を、光源氏のお話のように自分好みに育て囲おうとする。

あのねえ、ぶっちゃけると、この表紙の岩崎様のイラストがめちゃくちゃ私好みでして。綺蝶蜻蛉編では、ちょっと可哀想なただの当て馬役だけど、この作品では、その過去含めてキャラが掘り下げられていてとても嬉しい。最後の、鷹村と話すシーンが好きです。岩崎様は椛に出会って、変わったんだ。

藤野は、この花降楼シリーズの中で、一番娼妓っぽい娼妓だと思う。廓での手練手管を、想い人相手にも最大限に使う。恋愛ゲームと称して。クールな雰囲気とか賢すぎるところとか、すごく好きだなあ。

時間軸は、椛が小さい頃に一度だけ蜻蛉に会ったことがあって、それが別れの宴だったようで、それが綺蝶と蜻蛉が手を繋いで大門を出た半年後くらいのはず。2人がいなくなって半年のうちに椛は花降楼に来たのかも。そういえば、別れの宴のときに、鷹村が、先月の宴は藤野だった、と言っていたから、藤野の年は綺蝶と蜻蛉よりちょっと下くらい。あと、岩崎が椛に、あれから6年以上経っていて今の自分なら条件なしの色子の身請けを周囲に納得させられる、というようなことを言ってたから、意外とシリーズ全体で時間は経ってないのかも。

最新巻だと、綺蝶蜻蛉岩崎がアラサー、藤野がちょっと下、椛が水揚げの年だから18?16? その6年前だと、綺蝶蜻蛉岩崎が20代前半、藤野が10代後半、椛が10才くらい。岩崎に見初められたのが12才だから、岩崎は蜻蛉に振られてから、友人の付き合いとは言えまた登楼するまでが意外と短いのかな。